私の勤めている会社は、IT技術を使っていろいろな広告を配信をしている。
インターネットによる広告は、色々なタイプに分類することが出来る。
バナー広告、テキスト広告、メール広告、タイアップ広告、リッチメディア広告といったタイプの広告であったり、インターネットCM、動画広告などもある。
私は今いる会社に入社するまでは、あまり広告のことは知らなかったのだ。広告といえば、新聞に入っているものや、TVなどでの宣伝がそれに当たるものだとずっと思っていたからである。

IT技術の進化・発展に伴い、今ではインターネットで何かしらのページを開くと、そこにはもう広告がびっしりの状態である。広告には自社を紹介するもの、自社の商品を紹介するものなど多彩なものがある。現代社会では、携帯電話の普及により、またその携帯電話そのものの進化ともいえる機能により、常にインターネットが手元でできるような社会になっているのだ。

そこには、インターネット閲覧・ネットショッピング・アプリ/ゲームなどなどの進化により、どんな状況でも広告がついて回るような手法がとられている。
私も自社で配信しているメールマガジンを扱っていますが、内容には常に何かしらの宣伝広告のような文章を挟み、それを見たユーザーが気に入ればそのまま購入という流れができ、非常に便利なものである。

もちろん、その広告スペースを提供することで利益を得たりもできる仕組みになっていますので、どちらにも有益なことなのだ。
このように私は、色々な広告をITを利用する事で、全世界に配信したりしているのである。

また、スマホアプリは多くの人が使用しているため、今後もその需要は衰えることなく、引き続きアプリに関する広告は必要とされるであろう。
尚、スマホアプリが世に知られ、アプリの認知度が高まっており、アプリケーションエンジニアになりたい人も増えているようだ。
もし、これからアプリケーションエンジニアになりたいと考えている方は【アプリケーションエンジニア転職診断】を参考にしてみてはどうだろうか。